戦乱のゼンティカー ドラフト 環境 考察


戦乱のゼンティカーは上陸、覚醒の土地フューチャー。エルドラージのランプとどちらもマナがたくさん出て土地がたくさん並ぶ環境です。

そのため、マナフラットが許容されるので全体的に遅めのデッキが多くなります。

これは地主体質を持つ私にとって最良の環境!!

5マナ3/3速攻 クリーチャーバウンス
土地である為、タップ状態でプレイしたターンに攻撃もブロックも出来ないことがありますが、それでもバウンスしながら3/3を出せるのは破格のスペックです。

6マナ3/3速攻 ツーディスカード
あまりドラフトでは使われないカードですら覚醒が付いていたらとても強いカードになってしまいます。

またこれらは1/1カウンターを置く為、クリーチャー化した土地に追加で置いて縦に強くすることも可能です。

もちろん防御力が下がるので、返しにバウンスなんてされた日には枕を涙でぬらすことになるでしょう。

上陸は基本性能がマナコスト以下になる為、常に上陸を達成する必要が出てきます。

達成出来れば一マナ分強くなるので、あっと言う間に20点を削ることが出来るでしょう。

目指すのは+2/+2が軽い赤白いいと思います。

緑は2マナ2/2で上陸+1/+1がいますが、+2/+2出来るのは5マナになる為、基本性能が4/4で上陸してもマナレシオはよくありません。

林の喧騒者が取れれば上陸収斂を目指して組むのが良いと思います。

タジュールの重鎮と放浪する森林をマックスで出すことが出来れば除去の少ないこの環境ではビタ止まりしてしまいます。

私自身、タジュールの重鎮を3/4で出されて手も足も出ませんでした。

パーワー3が簡単に止められてしまう環境なので、2マナクリーチャーで攻め立てるよりもどっしり構えて上から攻めるかファッティーで襲い掛かるのが良いと思います。

ドラフトが楽しみです。

↑したことないんかい(#°A°)/(๑・∀・๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。