SOI環境 白黒PWコントロール

3《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
4《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
4《乱脈な気孔/Shambling Vent》
7《沼/Swamp》
2《平地/Plains》
26 lands

4《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
4《衰滅/Languish》
4《骨読み/Read the Bones》
1《次元の激高/Planar Outburst》
2《精神背信/Transgress the Mind》
3《破滅の道/Ruinous Path》
2《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2《究極の価格/Ultimate Price》
4《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2《荒野の確保/Secure the Wastes》
34 other spells

2《精神背信/Transgress the Mind》
1《究極の価格/Ultimate Price》
3《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1《静寂を担うもの/Bearer of Silence》
2《死の重み/Dead Weight》
3《強迫/Duress》
1《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
2《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
15 sideboard cards

何に強くて何に弱いか情報求む!!

プロツアー時の黒緑シーズンから
の改良?のような感じですが、相
変わらずランプに勝てるのか怪し
いです。

メインから神聖なる月光を取って
いたりしてカンパニーに対しても
圧倒的に有利というわけでもなさ
そうです。

となると、プレイスキルの差かデ
ッキが特殊で分からん死を招いた
かです。

もちろんどちらも大事なことで、
プロプレイヤーは相手のサイドを
読んで対策され難いデッキを持ち
込む傾向にありますね。

メインが微不利でも対戦相手がこ
ちら用のサイドを用意出来ていな
いならばサイドから有利に持って
行くことは可能という事です。

例え用意していたとしてもこちら
のデッキの全容が分からないと中
々入れ替え辛いですね。

特にプロツアーではその傾向が強
いそうです。

オリジナルデッキを作るにしても
今現在のメタの外にいる事はとて
も大事ですね。

相手のサイドボードを腐らせるの
も戦略です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。