MTG復活しました。 タルキール覇王譚/Khans of Tarkirドラフト

DSC_0376
ピック順に並べて見ましたが、
初手が抜けていました。
アイノクの盟族/Ainok Bond-Kinです。
現在ドラフトを行ったのは、15回くらいだと思います。

ピックミスがかなり多いですが、
ようやく変異クリーチャーにはなれてきたかな?
と思うようになって来ました。

初めは、取り合えずでやっていて、
変異カードの把握が全く出来ていないので
一方的にやられていましたが、なんとか
対応出来るようになってきた感じです。

ドラフトをやっている仲間内でも定着しつつある

2マナクリーチャーの重要性

5、6ターン目の攻防の重要性

一ピック目からの3色カードの是非

ここら辺が初めと変わって来ました。

特に2マナクリーチャーは
湿地帯の水鹿/Wetland Sambar
が使われるほどの状況変化

タルキールでドラフトを行っている方は
笑うかもしれませんが、

3ターン目の変異スタートが余りにも弱い事と
強襲とのシナジーを容易に達成出来る
2ターン目のクリーチャーが大切という事で、

今では、早い攻防と強い変異能力による
後半の駆け引きが主流になって来ました。

残念ながらジェスカイを組んで0-3でしたが
土地を引かないのはどうしようも無く

また、鱗の隊長/Chief of the Scale
は癌だなと思う今日この頃です。

アンコモンと比べるの違うんですけどね。

 

今現状は、色決めのタイミングと
どう動けば一番アグレッシブルかが課題です。

MTG復活して2ヶ月。

いかに過去の自分を越えれるか

乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。