ジェスカイメンター ゲートウォッチの誓い後を考える


1《島/Island》
1《山/Mountain》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《神秘の僧院/Mystic Monastery》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
2《大草原の川/Prairie Stream》
2《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1《窪み渓谷/Sunken Hollow》
25 lands

2《僧院の導師/Monastery Mentor》
3《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
4《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
11 creatures

4《はじける破滅/Crackling Doom》
2《強迫/Duress》
4《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
2《完全なる終わり/Utter End》
2《苦い真理/Painful Truths》
2《焙り焼き/Roast》
2《宝船の巡航/Treasure Cruise》
1《残忍な切断/Murderous Cut》
23 other spells

3《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1《軽蔑的な一撃》
3《否認/Negate》
1《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1《影響力の行使/Exert Influence》
2《光輝の炎/Radiant Flames》
2《焙り焼き/Roast》
15 sideboard cards

メインに入るうるカードはジェイスの誓いくらいか?

手札を増やすことが出来ないのでアドバンテージを
稼ぐのは難しいが、ジェイスの変身が容易になる。

序盤に捨てれるカードは僧院の導師と宝船の巡航
メンターは後半力が強いカード出したターンに
トークンをばら撒くことが出来なければ強くない。

なぜなら速除去な強いカードだから。

3ターン目に仕方なしに出してターンが返って来たら
負けることはほとんど無い。

除去られ易い生物だが生きれば圧倒的な存在感なのだ。

クルーズは序盤に打つことが出来ないのでいらない。

後半は要らないフェッチランドを捨てれば問題ないだろう。

さらに、墓地カードが増えることで探査カードを増やした。

1枚だけだがジェイスの誓いの使い心地によって枚数を
変えていこうと思う。

ゲートウォッチの参入でランプ系が蔓延るとかなり厳しい
立場に追いやられるのでそうなると使うべきではないかも
しれないが、うまくサイドでさばけるようなら使い続けたい。

今現状、ランプ系やウギンを採っているコントロール以外
には有利が付くので次の環境でも調整を重ねたいです。

ニッサの誓いでアブザンコンが復権するかも知れないが
それに伴いアタルカレッドが活躍すれば十分メタゲームを
勝ち抜く力を持ってる。

かつて私がGP神戸に赤黒ドラゴンを持ち込んだように・・

 

今回のリストにはオジュタイの命令を採っていないが
反射魔道士を使って1ターンできるなら採用の価値がある。

搭載歩行機械が苦手なので、単体で反射魔道士をサイドに
採るのもいいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。