MTG ダークジェスカイ(スカイマルドゥ) サイドボーディング

1《島/Island》
1《山/Mountain》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
1《大草原の川/Prairie Stream》
3《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2《鋭い突端/Needle Spires》
25 lands

3《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
4《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
11 creatures

4《はじける破滅/Crackling Doom》
3《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1《残忍な切断/Murderous Cut》
1《完全なる終わり/Utter End》
3《強迫/Duress》
3《苦い真理/Painful Truths》
2《焙り焼き/Roast》
2《宝船の巡航/Treasure Cruise》
1《破滅の道/Ruinous Path》
24 other spells

2《払拭/Dispel》
2《否認/Negate》
1《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1《完全なる終わり/Utter End》
1《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
3《精神背信/Transgress the Mind》
2《無限の抹消/Infinite Obliteration》
2《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
1《悪性の疫病/Virulent Plague》
15 sideboard cards

まだサイドに納得出来ていないがSCGなどから
第一メタを4Cラリーとします。

上記のデッキはラリーを苦手としているデッキ
ですが、対戦した感じ安定性に欠けていて一部
のカードに頼り切っているのできちんと対処す
ればメインも取ることは可能です。

4cラリー

in
1《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2《無限の抹消/Infinite Obliteration》
2《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2《払拭/Dispel》

out
4《はじける破滅/Crackling Doom》
3《強迫/Duress》

確実性が無いはじけると強迫を外して無限の抹消
と払拭で確実にコンボを防ぐ方法を取ります。

反射魔道士が新たに加わりましたが、所詮バウンス
なので返しに抹消なり触手なりを打って殺し屋を
追放出来れば楽にゲームを進められるでしょう。

ランプ

in
2《否認/Negate》
1《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3《精神背信/Transgress the Mind》
2《無限の抹消/Infinite Obliteration》

out
4《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

ラリーよりも苦手とするデッキ。
手札破壊で今引きされなければ負けない勝負を仕掛
けることになります。

トップデッキ1枚で捲くられてしまうのできちんと
引かれてもプレイ出来ない状態やカウンターを構え
てそれ1枚で負けない状態を作りましょう。

さらにゲートウォッチで強化され発展途上のデッキ
なので、更なる進化を遂げるならこのデッキを使う
のは間違いになるでしょう。

アブザン

in
1《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1《完全なる終わり/Utter End》
3《精神背信/Transgress the Mind》

out
3《強迫/Duress》
2《焦熱の衝動/Fiery Impulse》

怖いのは更地に出てくるギデオンと強襲ロックだけ。

逆に言うとそれだけで負ける。

きっちりと対処していってアブザンのリソースが
尽きるのを待ってから攻勢に出れば負けることは
無いでしょう。

50分という時間に負けないように。

ジェスカイ系

in
2《否認/Negate》
2《精神背信/Transgress the Mind》

out
4《はじける破滅/Crackling Doom》

お互いにアドバンテージの取り合いになります。

アドを稼がれるものはしっかり1:1で押さえて
アドを失わないものはスルーして常にアドを考
えてゲームを進行していければ勝つことは難し
くありません。

無理やりダブシン4cにしているので詰まる事
が有りますが、それを踏まえても闇住まいが
強いのでミラーマッチは有利に進行出来ます。

マルドゥ系

in
1《完全なる終わり/Utter End》
3《精神背信/Transgress the Mind》

out
2《焙り焼き/Roast》
2《強迫/Duress》

闇住まいが入るまでは下位互換でしたが、今は
対等な立場になってしまった感じがします。

カリタスと闇住まいを無理なく採用出来るので
ジェスカイと同じくアドの取り合いに勝った方
が勝つことになるでしょう。

特に闇住まいが強力で線が細いジェスカイでは
1:3が取られやすいので生物展開には気を付け
たい所です。

さらに苦手な搭載歩行機械も採用されている為
一つのミスでプランが崩壊してしまいます。

不利な相手ではないのでしっかり練習を!!

取りえずこれだけ
他のメタデッキがあればお教えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。