天下一ブドゥ祭 ナーフ後 新環境試し切り

新環境はここからスタート

デッキは上振れ奇数ローグ

グリーンスキン船長は自由枠で最初は鉄嘴のフクロウを入れてました。
まともな獣が少ないので野生のビーストマスターは3/3/4の優秀なスタッツにおまけでバフが乗ったらラッキー程度です。

20戦くらい回しましたが、一度も雛が5/5になることはありませんでした。

7/7になったストラングルソーントラを出した返しでリーサル

隠れ身がどれだけ強いキーワードかが分かる試合でした。

野生のビーストマスターの3/4が処理しづらいのも有ってかなりの確率でターンが帰ってきます。
バフが乗るかは運次第。確率は大体3割以下です。

3マナ域に獣を増やすと確率を上げれるので、リロイ、マイラ、船長、あとは致死毒、甲板員が入れ替え候補になります。

獣を三、四枚増やすと4割くらいでバフが乗るので要検討。

ただ、野生のビーストマスターを引かなかったとき獣達は何もしてくれないので上記の形を変えないまま続行しました。

奇数ローグミラーで後手を踏みましたが、対戦相手は1マナ無しで爆発してしまいました。おそらく3マナも無かったのでしょう。

ナーフから一日経ってるとはいえ、まだまだ皆が試行錯誤しているのでもともと強かった奇数ローグという部分で勝ってる感じは否めません。

奇数ウォリがいない中でここまで上げることが出来ました。

だがしかし、後日、奇数ウォリに三タテを喰らった挙句、有利だったプリーストにも負け続けて気付けば

ここまで落とされてしまいました。

プリーストは以前は有利でしたが、集団ヒステリーが入ったことで戦い難くなった印象です。

ケアがほぼ不可能なので、お願いヒステリーになりがちです。

勝った試合は1マナ同士でぶつかってくれて3マナが生き残ったことが要因です。

まだまだ、マリガンやプレイに改善点がたくさんあると思うので面白いと思ったら煮詰めてやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください