ハースストーン ナーフ後新環境ようやくラング5到達


ちんけなバッカニーアと精霊の爪がナーフされて初めに思った事はナーフの仕方が下手過ぎて使う価値が無さ過ぎるくらいに弱くなってしまったと感じました。

ヘルスを2から1に変更というナーフ

これによっていつプレイしても弱いカードに成り下がってしまいました。

これでは、他の1マナ海賊の完全なる下位互換となってしまって、いつ出しても弱い状況です。

せめて武器装備時は3/2で有って欲しかったですね。

マナコストを1から2に変更というナーフ

たった1マナ増えただけですが、1から2なので倍になっています。

1マナだから使われていたというの事実なので、この変更で使う価値が無くなってしまいました。

出来れば、呪文ダメージを持っている場合攻撃力+1にして欲しかったです。

ハースストーンをはじめて1年足らずですが、ナーフの仕方が極端すぎる感じがしますね。

私が始めてから二回目のナーフですが、以前使っていたアグロシャーマンで

タスカーのトーテム師がナーフされて使う価値が無くなってしまったのが残念でした。

元は既存のフォーマットに存在するすべてのトーテムがランダムで出現していたのが、3マナ3/2でヒロパがおまけで付いてくるレベルまで落とされることになりました。

せめてランダムでは無くトーテムを選べる様にするか、2マナでランダム基本トーテムにして欲しかったですね。

カードゲームなので、禁止などは間々あることですが、せっかくデジタルなのだからナーフ後も一線級でいられる可能性を持たせて欲しい所です。ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。