GP神戸2015に持ち込んだ赤黒アグロのサイド解説をしますね。

デッキはこちら

2《搭載歩行機械》
2《精神背信》
2《究極の価格》
1《悪性の疫病》
3《自傷疵》
2《前哨地の包囲》
3《光輝の炎》

基本的に有利なメタゲームの中で
さらに相手のデッキに対して有利を
付けていくことが出来るサイドボーディーングです。

なぜって?対戦相手がこちらの対策カードを用意してないから。

絹包み、正義のうねり、などがメタゲーム上
ついでに刺さるカードとして上がりますが、
勇者が何回でも戻ります。

フェニックスが獰猛して戻ります。

相手が不自然なマナを立たせて来たら
勇者だけ殴って様子を見れば良いのです。

序盤から殴れて後半10数点のダメージを
一度に入れる力があるので目の前の数点を
気にする必要はありません。

どっしり構えてアドを取りつつ相手の
ファッティは除去ってパンチです。

 
まずアブザンから
IN
2精神背信
3自傷疵
OUT
1コラガンの命令
1強迫
3焦熱の衝動

2点火力が弱いのと強迫の空振りを避けるため変更
精神背信を4ターンまでに打って風番いのロックを
抜いてしまえば怖いものなし。

ジェスカイ
IN
2前哨地の包囲
2搭載歩行機械
OUT
2焙り焼き
2血顎の憤怒鬼

ジェイスを変身させなければ大丈夫!
きっちり除去して包囲で決める!!

 
アタルカレッド
IN
2搭載歩行機械
2究極の価格
1悪性の疫病
2前哨地の包囲
3光輝の炎
OUT
4血に染まりし勇者
3鐘突きのズルゴ
3炎跡のフェニックス

アタルカレッドにダメージレースをしてはいけない。
きっちり除去ってじっくり行きましょう。

 
エスパーコントロール
In
2精神背信
2前哨地の包囲
2自傷疵
2搭載歩行機械
OUT
3焦熱の衝動
2焙り焼き
3龍詞の咆哮

一度も当たらなかったのでよく分かりません。
カットを1枚減らして自傷疵3のほうが良いかも

オジュタイ以外除去出来ないのでシルムガルが
光臨する前に決着をつけましょう。

ラスゴ系カードのケアを忘れずに一定のクロックを
守りながらラスの返しに前哨地の包囲でドヤすれば
相手の心も折れてくれるはずです。

状況によりますが、きちんと完全なる終わりをハンデスすることをお勧めします。

 
ランプ系
IN
2精神背信
OUT
2焦熱の衝動

入れるカードが無いのでこれだけです。
ランプのサイドから囁き森などのがっちり生物が
入りますのでカットを抜くことは有りません。

GP神戸では抜いてしまって負けました。orz
ランプがいることは意識していたにも
かかわらず、ランプがどういうサイドを
用意するか調べることを怠った結果です。

きちんと対処すれば負けません。キリ

以上がPG神戸のメタゲーム上のサイドボーディングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。