MTG バントカンパニー メインボード

ここの所ミッドレンジの風当たりが
悪いのとミッドレンジ同系が面倒な
のとでバントカンパニーを使用して
います。

直近のSCGでの優勝もありポテン
シャルの高いデッキなのは間違い
ありません。

反射魔道士が強いだけというのは
無しです。

2《森/Forest》
1《島/Island》
3《平地/Plains》
2《梢の眺望/Canopy Vista》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《伐採地の滝/Lumbering Falls》
2《大草原の川/Prairie Stream》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
24 lands

4《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
4《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
3《棲み家の防御者/Den Protector》
4《反射魔道士/Reflector Mage》
3《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
4《森の代言者/Sylvan Advocate》
2《風番いのロック/Wingmate Roc》
3《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
29 creatures

4《集合した中隊/Collected Company》
3《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
7 other spells

今現在のメタと書き出すと
4Cラリー
アブザン系
マルドゥ系
バントカンパニー
ジェスカイ系
赤黒ドラゴン
赤緑ランプ
アタルカレッド

Tier1のデッキに対してメタが回る
ので全部書き出したらサイド15枚
では足りないですね。

地域によって何が流行っているか
しっかり把握してそれらに強いデッ
キを考えてさらにそのデッキに対し
て態勢のあるデッキ、サイドを考え
ればある程度勝ち越すことは可能です。

私の行く店舗では4C、マルドゥグリーン、
アタルカレッド、赤緑ランプ、ローグ

ここら辺が主流です。

相性を言うとアタルカレッドが苦手
で赤緑ランプに分が悪い感じです。

これは展開スピードよるもので自分
より一回り早く展開出来るデッキと
二回り遅いデッキを苦手とするMTG
の本質ですね。
(例外もありますが)

ですので環境にそれらが多い場には
バントカンパニーの選択が間違いになります。

今現在では主流がミッドレンジなので
プレイアブルという事ですね。

言って見たかっただけ

後二ヶ月でフェッチ環境が終わるので
あまり深く考えることはしませんが各
地で色々な大会がありますので少し位
は参考になればと思います。

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。