アタルカレッド プロツアー戦乱のゼンティカーを踏まえて調整

2《森/Forest》
8《山/Mountain》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
21 lands

4《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4《鎌豹/Scythe Leopard》
3《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》
4《棲み家の防御者/Den Protector》
19 creatures

4《アタルカの命令/Atarka’s Command》
3《強大化/Become Immense》
4《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
4《タイタンの力/Titan’s Strength》
3《乱撃斬/Wild Slash》
2《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
20 other spells

4《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
3《引き裂く流弾/Rending Volley》
1《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2《弧状の稲妻/Arc Lightning》
1《沸き立つ大地/Boiling Earth》
3《焙り焼き/Roast》
14 sideboard cards

プロツアーが終わってみてマキンディ解雇の鎌豹再採用です。

ナーリッドの採用が多く見られますが、二ターンに出ないとあまり強くないため、いつ出しても強い防御者を4枚にしました。

後は、土地を22にするかどうかです。
上陸は鎌豹だけなので、3枚目の土地をキチンと置ければ問題なく回るため、上陸を無視しても地主は避けたいと考えています。

鎌豹を重ねて引いたときは、防御者でフェッチを回収すれば強い動きが出来ます。

厳しいといわれていますが、これからの活躍を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。